湯治ができる宿をエリアから探す

湯治とは?

温泉地で病気や怪我等を治療するために、長期間滞在して療養する事です。

日本では古くから人伝えに湯治が広まり、病気や怪我に悩む多くの人々がが温泉療法を求めたとされています。

現代では、温泉や温泉地などの観光でリフレッシュする余暇目的が主流となっています。
ですが、ここ最近湯治によって、人本来の自然治癒力が高まったり、不調だった体調を正常な身体に戻す効果があると再認識されている。
昔ながらの湯治場の雰囲気を残した宿や、自然豊かで心と一緒に保養できる宿、今風のオシャレな宿等、全国には素晴らしい湯治宿が沢山あります。
本サイトは、その様な全国の湯治宿をまとめたサイトです。
 

湯治の効果

現代人は特に過労やストレスによって、自律神経が乱れたり、免疫力が低下したりすることによって、
身体に様々な弊害をもたらしています。
湯治で何日か連続で温泉につかると、体の芯から温められたり、温泉成分が皮膚から吸収されることによって、自然治癒力が高まり免疫力が復活したりすることがわかっています。
また、自然の中で保養すると、ストレスの軽減にもなります。
冷えは万病の元をいわれていますが、湯治で体を温めることは病気になりにくい身体を作る為にも大変有効です。
 

湯治の方法

一般的な湯治の入浴法は、温めの温泉には30分、熱めの温泉には5~10分入浴するとされている。
それを一日数回、体調を考慮しながら入浴することになる。
湯治する期間は1週間が基本だが、2、3週間、中には何か月も長期滞在し湯治する人もいる。

自炊場がある湯治宿

昔の湯治スタイルは、自分で調理器具や食材などを持ち込んで自炊しながら、長期間滞在しながら温泉で療養していた。
その名残で自炊場がある湯治宿は近年だいぶ減ったが、今も数多く残されている。
昔ながらの湯治場は共同の炊事場があり、調理器具は貸出であったり、食器は各自持参タイプであったりと、宿によって様々なタイプがあるので、
宿を訪れる前には自炊設備の仕様を一度確認していた方がいいかもれない。
また、近くにコンビニや商店、スーパーなどが無ければ食材を購入することが困難になるので、
その点も確認しておいた方が良さそうです。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL